2008年10月01日

脳を活かす仕事術

Amazon

脳を活かす仕事術

テーマ「頭のなかで理解・思いついていることを「実現」するための方法論」


わかっちゃいるけど、できないことを解決しよう!

・人間には「感覚系回路(知っている・本物がわかるなど)」と

          「運動系回路(声に出せる・手を動かしてアウトプットする)がある。

この両輪が大切。両方できて、はじめて「実現」となる。

・Ipodをつくったスティーブ・ジョブスの言葉「Real artists ship」

「すばらしいアイデアはとても大事だ。

しかし、それを具体的な商品にして届けることはもっと大切だ」

・頭の中の情報を口に出すことを「talk through」イギリスでは呼ぶ。

 効果は二つ!1・自分の耳で聞きながら、意味を再確認すること」と

             2・相手の反応を見ることができる

  →→→そうすると、その情報が自分の血となり肉となる。

 これを茂木さんいわく「脳の入力と出力のサイクル」と呼ぶ


・実現を繰り返すときに、ときに自分がどのレベルにいるのかを常に確認せよ。

 自分のあこがれの人と自分を徹底的に比較しろ。

・自分の生命の輝かせるための5つのポイント

@    クリエイティビティ(創造性)

A    セレンディピティ(偶然の幸福に出会う)

B    オプティミスト(楽天的であれ)

C    ダイナミックレンジ(情報の受信範囲が広い・・・専門分野以外にも今興味を)

D    イノベーションを忘れない(改革・革新)



・「社会の需要」と「自分の欲求」の両方を満たすために「創造」が必要。これからの

ビジネスパーソンには必須。

・    「意欲」が沸かない・・・。と思うときは、「本物をみて感動すること」が一番!



・「ひらめき」は「普段どれだけ勉強しているか?」プラス「どれだけ頭で考えているか?」

→さらに!どんなに素晴らしいアイデアを「ひらめいて」も
「人や状況との偶然の出会い」がないと実現しない。
出会いを呼び込むのは「行動する」「受け入れる」「気付く」

目の前の仕事に没頭し、相手の要求に応える人には、偶然の出会いが降り注ぐ。


・脳には「ノイズ」が必要。パーティで仕事の話をしなくても、ひらめきがある。


・茂木さんが学生に「自分の正体を簡単に決め付けるな!」



気付き

・これからはどれだけ知識を知っているかではない。

創造性が大事。ビジネスマン能力の差がつく。

・異業種の人にいかに出会い、自分をたかめ、交わっていくかで、創造性が決まる。

・やはり、インプットとアウトプットのサイクルは大切。ブログ・話す・書く。

・自分の憧れの人との比べることはしていなかった。目標を探そう。

・偶然の出会いは必ずある。自分が魅力的な人物であれば。

posted by サメオ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107416651

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。