2008年10月01日

コトラーのマーケティング・コンセプト

Amazon

コトラーのマーケティング・コンセプト

【あらすじ】

近代マーケティングの父、と呼ばれる
コトラーの提案する基本的な
マーケティングプラン80をリストアップした本。

【そもそもマーケティングとは!?】

コトラーが語るマーケティングは
自社の強みを最大限に発揮できる標的に対して、
ニーズを満たす為の価値を探り、
自社で価値を作り、顧客に届け、
利益を上げることである。


(営業力を強化し、売り込む事ではない)


簡単に説明すると、変化する人々のニーズを収益機会に転化する事。


【ビジネス界が直面している問題】

顧客不足(消費者の購買力をはるかに上回る生産力)
大量生産であらゆる人に売ろうとする手法の終焉



【対策】

マクロ環境要因を見極める(政治、経済、法律、文化)


トレンドかファッドか。
SWOTではなくTOWS
(外部環境を優先し分析。
内側から分析するとそれに見合った脅威しか思い浮かばない。
視野が狭くなる)


STPパラダイムS…セグメンテーション(市場の細分化)

T…ターゲティング(細分化したものから自社の強みを生かせる顧客を見つける)

P…ポジショニング(自社の強みをアピールするための効果的な発信)


【イノベーションに関する2つのマーケティング】

・バーティカル(垂直)・マーケティング
 → 既存のコンセプトを前提

洗剤をイノベーション → 
漂白剤入り洗剤・柔軟剤入り洗剤・除菌成分入り洗剤

・ラタレル(水平)・マーケティング 
→ 根本から改革・既成概念を超えるサービス
インターネットカフェ・マンガ喫茶・酸素バー


【陥りやすい失敗】

・    マーケティング・マイオピア(近視眼)
 → 顧客の真意を把握せずに
一方的な思い込みでマーケティング戦略を立てる。 
(イノベーターのジレンマ)
 例:失敗→ TBM  成功→第三のビール



【顧客維持の重要性】

LTV・生涯価値。 
トヨタファン。ヴィッツ→カローラ→セルシオ

顧客ロイヤルティーを高めたほうが、
有効な場合も多い。新規開拓は5〜10倍の費用がかかる。


posted by サメオ at 13:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になっております!
本日の読書会、楽しかったです。

実はじっくり本を読む時間が無くザクーーと
しか読めませんでした。

しかし、拾い上げる箇所を少なくした事が多読のトレーニングになりました。

次回の開催楽しみにしております!





Posted by in-spa at 2008年10月01日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107416606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。