2008年10月11日

女が28歳までに考えておきたこと・伊東明



『女が28歳までに考えておきたいこと』
 伊東明(心理学博士) 三笠書房

〈あらすじ〉
「恋愛」「結婚」「仕事」「人間関係」・・・
女性が自分の人生を楽しく生きるための
ちょっとしたコツを伝授。
内面・外面から輝くには
どんな考え方を見につければよいのか。
ちょっとしたポイントを掴むことでチャンスを活かせる。


最近は、男性が稼ぎ女性が家を守るのは当たり前
という考えが古くなってしまった。
女性も、出世や自立を望める社会になりつつあり、
結婚や出産は各自の選択によるもの、となっている。
そんな世の中だからこそ
「自分の人生をどのようにプロデュースしていくか」が大切。


それには「人生の目的」を持つことが重要。
その目的に迷いを感じる人は
とにかく行動することを心がけてみる。

考えながら走り、立ち止まって方向性を見定める。
このスタンスをもつこと。


28歳までに見につけること・・・


1、人のせいにしない
2、大切にしてくれる人、輝く人と付き合う
3、セルフイメージ(こうなりたい、という自分の姿)を持つ


あなたはどんな人ですか?と聞かれて
具体的に、夢や目標・そのためにどんな努力をしていつのか。
どんな仕事をしてそれに対してどう考えているのか・・・を
はっきりとこたえられるようにすること。


ほんの少しでも行動を起こしていけば、
何かが変わる。

生活リズムや気持ち、表情に変化が表れるはず。
「なんとかなるさ」ではなく、
自己実現のために考えて→行動していくこと。



気づき・・・

28歳は30歳手前。
多かれ少なかれ、誰もが不安に思う時期。
思い描いていた28歳とは違って、
ぼんやりとした不安を抱えていた。

が、それは描いていた
自分に向かって努力する方向や加減が間違っていたかな、とも思った。


結婚したいならば、
理想の人に出会うのを待っているだけではダメだということ。

具体的に理想の男性を思い描いて、
どこに行けば・どう行動すればその人に出会えるかを考える。

理想に向けて逆算をするということ。
『人生の目的』を見つければ
芯がぶれず行動に移せるであろう。

まずは外見も内面も「こうなりたい」という
お手本を身近でも女優でも見つけて、
それに近づくようにステップを踏んでみよう。

と前向きになれた。

本書は難しいことはなにもなく、
今から実行にうつせる事ばかりが書いてあるので
1〜“時間で読める。
posted by サメオ at 18:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神の交渉力・スティーブジョブス

スティーブ・ジョブス 神の交渉力



【あらすじ】

ジョブスの人物像を知らない人には、ショッキングな本。
目的達成の為なら平気で人を裏切る
ジョブスの行動に大概の日本人は
嫌悪感を覚えるのではないのだろうか。

図太いアメリカ人(著書の表現)でも
ドン引きのジョブスの生き方は、
周囲の反発で立ち止まっている人や
現状打破したい人の背中を押してくれる。


「内なる声」に生きる素晴らしさと、痛みが分る。

和を重んじる日本人とは反する
対極主義のマネジメントではあるが、
対極のものとぶつかった時は、
激しく火花を散らしながら
素晴らしいものが生まれる。



ジョブスの交渉術はキーマンを探し、
猛アタックする。
それも一般人では考えられない度胸で。
何度断られようと、目的達成までアタックし、
しつこく電話をかけ、必ず結果を出す。


会議の席などで
「なんだコイツは!?空気が読めんヤツだな」という
無言の圧力を感じて、人間は発言を狭めてしまうが、
それを何度も繰り返せば
恥とも思わなくなり、
逆に無言の周囲が無能と見えてくる、と著者は説いている。


余命3ヶ月の膵臓がんから、カムバックしたジョブス。
大きな人生の決断をする時は、
「もうすぐ死ぬ」ということを念頭に判断すると、
失敗や恥の恐怖は消え去り、
大事なことだけが残ると言っている。


いつかは死ぬ、そのことを思い起こせば
自分が何か失ってしまうのではないかという
思考の落とし穴は回避できる。


【感想】

ジョブスのスピーチは素晴らしい。
以下は私が感動した
スタンフォード大学卒業祝賀会での
ジョブスのスピーチでの一節です。


「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、
君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。
だからこそバラバラの点であっても
将来それが何らかのかたちで
必ず繋がっていくと信じなくてはならない。


自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、
とにかく信じること。


点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで
必ずひとつに繋がっていく、
そう信じることで君たちは
確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。


結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。


信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。」



大業を成し遂げた人間の深い言葉に感動したが、
この本の前半部分では「感動を返してくれ!」
というぐらいジョブスの行動は不快であった。


他人の意見を「雑音」と一刀両断するジョブスの発言は
謙虚さが微塵も無いが、世間の「常識という罠」に
はまってはいけないという言葉は響いた。

市場調査からは「どこにも無いもの」は生まれない、
という本田宗一郎の言葉と合い通じる。


内なる声に誠実に生きると、
社会では不安定な立場になる。

その際、ぶつかり合いは避けられないが、
それを人間的なドロドロとしたものと感じてしまうと、
自己実現は無理であろう。


私自身も不安定な立場を覚悟し、
内なる声に耳を澄ませ、
新しいものを作り出していきたい。


ジョブスは
「内なる声」「「死を念頭においた決断」
という真理を悟った人と感じた。
posted by サメオ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

自分で奇跡を起こす方法・井上裕之

壮絶な物語から
成功法則に至る本。


車に同乗していた妻が
交通事故にあい
植物状態になったら、
あなたはどうしますか??

・人生の問題を解決するには、学びと行動。
それ以外に方法はない。
学びと行動は運も引き寄せる。

・ドラッカーの経営レジメ 一回20万

・「本気」には
自分が望んでいるものを引き寄せる力がある。
周りのひとを動かす。
人は「本気」という気持ちに
純粋に感動する。
posted by サメオ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

勝間和代の日本を変えよう

41TPjcBLSCL__SL500_AA240_.jpg

勝間和代さんの新刊。

男女共同参画社会へ、という
強い思いが全編通じて訴えられています。

さらに、正社員と非正社員問題にも言及。

10年後には
現在30代の非正社員が「爆発」し、
どこにも雇ってもらえない状態になる。
最悪、路上生活者が増えるのでは???
なんていう、恐ろしい予言も。

そのほか「勝間流」の仕事の哲学も多数。

・クリエイティビティとは・・・
「従来の問題設定を疑うこと、問題を自ら設定して
会を見つける力」だという。これらはパソコンには出来ない。

・ビジネスマンがクリエイティビティを身につけるための方法は
「ラテラルシンキング」を学ぶことだ。

・「社内改革が出来る人はどんな人ですか???」

 「会社を辞めることができる人」

・グラミン銀行という銀行があり、貧困を救うために奔走している。

・貧困は「お金」と「教育」で救える。


勝間さんは、とにかく「愛」の人なんだと実感。
理論的に、冷静に、熱く語ってます。

文中には、西原理恵子さんと雨宮処凜さんとの対談も掲載。
これも深く、熱い・・・。
posted by サメオ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気くばりのすすめ




気くばりのすすめ 心ある社会をつくる「思いやりの技術」
著者:鈴木健二(元NHKエグゼクティブアナウンサー)

あらすじ
人と人をつなぐ原点は【気配り】である。

しかし現代人には気配りの心が不足している。
便利さや自己の利益を追求する戦後のせわしなさが、
相手のことまで思いやる余裕と、
考える時間を奪ったからだ
(「忙」は「心」が「亡ぶ」と書く)。


しかし現代人の思いやりの心の不足は人間性の問題ではなく、
気配りを行動に移すことに慣れていないだけである。
気配りは、身に付けることができる《技術》である。


気配りの技術には

「(1)聞き上手になる」
「(2)話上手になる」
「(3)才能の発見」がある。


(1)『聞くことを早くせよ、話すことを遅くせよ』
(「話すより、先に聞け」の意。聖書より)


人はそれぞれ人と違った優れた一面を持つ。
その考え方を取り入れ、多くの人の考えを合わせることが大切。
聞くことで視野を広げられ、発見を生む。


(2)話をする際は相手と同じ目線で話す、
視線は相手の目を中心にぼんやりと、などなど。


(3)自分が人に何ができるのか、
自分はそのために何をすべきかという向上心。
この2つの奉仕の心が、自分の才能を伸ばす。



これら気配りの技術の基礎は
『教養(特に自分の専門外もの)を広げる』ことだ。

幅広い分野の教養を持つことは
いつも何かを発見しようとする姿勢の表れである。

こういった姿勢を私生活に移すと、
人間の内面を発見できるようになり、
実用的なアイデアが生まれる。

自分の知識の枠から出ない狭い心で、
理屈や理論ばかりを追い求めてはいけない。


一方で、気配りの心は知識ではなく、
長い時間をかけて身に付けなくてはならない。
その場が家庭である。人は教えられるものより、
見たものに影響を受けて成長する。

親は、父母ではなく夫婦として関係を築き子に示す。
夫婦が互いを思いやる心が、すべての気配りに通じるのだ。 



気づいた点
○気配りは相手が気持ちよく過ごしてもらうという意味で、
相手の気遣いでもある一方、
最終的に自分に還元されてくる自分への気配りでもある。


○聖書に「奉仕の心」が書き込まれている。
宗教は絶対的な指針なので、欧米人は生まれながらにして
「奉仕の心」を疑うことなく持つことができる。

日本では、戦前あった神道や仏教、天皇のような絶対的信仰がない。
自然と「奉仕の心」は身に付くことはなく、
誰かが教え込まないといけない難しさがある。


○本書は82年に4百万部のベストセラーとなった「
気くばりのすすめ」を復刊版。

当時、400万人が読んだにも関わらず復刊したのは、
気くばりの実践の難しさがあるからであろう。

当時の読者の反応は「気くばりに対する努力をしなかった」
「自分は既に気配りをしていると感じた」の2つに分かれたと思う。
気くばりはしすぎることはないだろうから、
常に自分は40点のできだという謙虚さが必要だと感じた。
posted by サメオ at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超一流の時間塾 中谷彰宏

Amazon

一流の常識を破る4「超一流」の時間術 (一流の常識を破る (4))

著者は以下の人のために本作を書いた。

1、    時間に追われうことなく、余裕のある生き方をしたい人。

2、    どんなに忙しくても、自分の時間を作りたい人。

3、    スピーディーに動けて、チャンスをつかみたい人。


まず著者は「時間は 魂の振動数です」とつづっている。

「2時間のセミナー」や「行くまでのかかる時間」「睡眠時間」「1冊の本を読む時間」

これらの時間は1人1人みんな違う。魂の振動数を上げて、人生を2倍3倍にも生きて、

チャンスを掴み、夢を実現すること。
これが大切という内容の本。つまり、時間の作り方の本である。


もくじ

1、    意識のチャンネルを変えて、時間を広げる
2、スピードを上げて、時間を生産する
3、    行動を工夫して、時間を増やす 
4、しないことを増やして、時間を作る

1、の具体例・・・ドタキャンされることほど、うれしいものはない。

ドタキャンされたら喜べ。ドタキャンはする側のほうが魂の振動数が低い

無駄な時間をすごさなくて済んだので喜ばしいこと。

忙しい人ほどドタキャンしない。忙しい人ほど「この後ご飯どう?」と誘う。

2、の具体例・・・速い人のほうがクオリティーが高い。
 

               雑用こそ勝負はスピード。

 「丁寧にやるために時間がかかりました」という人は上がりが良くない。

               

3、の具体例・・・2つの作業を並行してやると、イライラ何か作業しながら、
別の作業をやる。そうすると、仕事ははかどる。
 

 1つのことだけをやると、待ち時間が長くなる

4、の具体例・・・八方美人は、時間をなくす

時間を手に入れて、みんなからも愛されるというのは、不可能。

「忙しい」といっている人は八方美人。嫌われる覚悟を持って時間を作る。
 

気づき・・・「2次会には行くな」などの本は良く出ているが、
徹底して1分1秒を大切にする中谷氏の考え方がわかった本。
逆に自分の魂の振動数を上げたいと思ったら、
速い振動数の持ち主の近くにいればよいということであろう。

posted by サメオ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

脳を活かす仕事術

Amazon

脳を活かす仕事術

テーマ「頭のなかで理解・思いついていることを「実現」するための方法論」


わかっちゃいるけど、できないことを解決しよう!

・人間には「感覚系回路(知っている・本物がわかるなど)」と

          「運動系回路(声に出せる・手を動かしてアウトプットする)がある。

この両輪が大切。両方できて、はじめて「実現」となる。

・Ipodをつくったスティーブ・ジョブスの言葉「Real artists ship」

「すばらしいアイデアはとても大事だ。

しかし、それを具体的な商品にして届けることはもっと大切だ」

・頭の中の情報を口に出すことを「talk through」イギリスでは呼ぶ。

 効果は二つ!1・自分の耳で聞きながら、意味を再確認すること」と

             2・相手の反応を見ることができる

  →→→そうすると、その情報が自分の血となり肉となる。

 これを茂木さんいわく「脳の入力と出力のサイクル」と呼ぶ


・実現を繰り返すときに、ときに自分がどのレベルにいるのかを常に確認せよ。

 自分のあこがれの人と自分を徹底的に比較しろ。

・自分の生命の輝かせるための5つのポイント

@    クリエイティビティ(創造性)

A    セレンディピティ(偶然の幸福に出会う)

B    オプティミスト(楽天的であれ)

C    ダイナミックレンジ(情報の受信範囲が広い・・・専門分野以外にも今興味を)

D    イノベーションを忘れない(改革・革新)



・「社会の需要」と「自分の欲求」の両方を満たすために「創造」が必要。これからの

ビジネスパーソンには必須。

・    「意欲」が沸かない・・・。と思うときは、「本物をみて感動すること」が一番!



・「ひらめき」は「普段どれだけ勉強しているか?」プラス「どれだけ頭で考えているか?」

→さらに!どんなに素晴らしいアイデアを「ひらめいて」も
「人や状況との偶然の出会い」がないと実現しない。
出会いを呼び込むのは「行動する」「受け入れる」「気付く」

目の前の仕事に没頭し、相手の要求に応える人には、偶然の出会いが降り注ぐ。


・脳には「ノイズ」が必要。パーティで仕事の話をしなくても、ひらめきがある。


・茂木さんが学生に「自分の正体を簡単に決め付けるな!」



気付き

・これからはどれだけ知識を知っているかではない。

創造性が大事。ビジネスマン能力の差がつく。

・異業種の人にいかに出会い、自分をたかめ、交わっていくかで、創造性が決まる。

・やはり、インプットとアウトプットのサイクルは大切。ブログ・話す・書く。

・自分の憧れの人との比べることはしていなかった。目標を探そう。

・偶然の出会いは必ずある。自分が魅力的な人物であれば。

posted by サメオ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コトラーのマーケティング・コンセプト

Amazon

コトラーのマーケティング・コンセプト

【あらすじ】

近代マーケティングの父、と呼ばれる
コトラーの提案する基本的な
マーケティングプラン80をリストアップした本。

【そもそもマーケティングとは!?】

コトラーが語るマーケティングは
自社の強みを最大限に発揮できる標的に対して、
ニーズを満たす為の価値を探り、
自社で価値を作り、顧客に届け、
利益を上げることである。


(営業力を強化し、売り込む事ではない)


簡単に説明すると、変化する人々のニーズを収益機会に転化する事。


【ビジネス界が直面している問題】

顧客不足(消費者の購買力をはるかに上回る生産力)
大量生産であらゆる人に売ろうとする手法の終焉



【対策】

マクロ環境要因を見極める(政治、経済、法律、文化)


トレンドかファッドか。
SWOTではなくTOWS
(外部環境を優先し分析。
内側から分析するとそれに見合った脅威しか思い浮かばない。
視野が狭くなる)


STPパラダイムS…セグメンテーション(市場の細分化)

T…ターゲティング(細分化したものから自社の強みを生かせる顧客を見つける)

P…ポジショニング(自社の強みをアピールするための効果的な発信)


【イノベーションに関する2つのマーケティング】

・バーティカル(垂直)・マーケティング
 → 既存のコンセプトを前提

洗剤をイノベーション → 
漂白剤入り洗剤・柔軟剤入り洗剤・除菌成分入り洗剤

・ラタレル(水平)・マーケティング 
→ 根本から改革・既成概念を超えるサービス
インターネットカフェ・マンガ喫茶・酸素バー


【陥りやすい失敗】

・    マーケティング・マイオピア(近視眼)
 → 顧客の真意を把握せずに
一方的な思い込みでマーケティング戦略を立てる。 
(イノベーターのジレンマ)
 例:失敗→ TBM  成功→第三のビール



【顧客維持の重要性】

LTV・生涯価値。 
トヨタファン。ヴィッツ→カローラ→セルシオ

顧客ロイヤルティーを高めたほうが、
有効な場合も多い。新規開拓は5〜10倍の費用がかかる。


posted by サメオ at 13:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一回 読書会

第一回の読書会を開催しました。

場所はライブラリーホテル。

私を含め、計4人。
面白かった〜。

お互いが読んできた本を、
A4・1枚のレジメにまとめて、
5分ほどで発表する形。

充実した1時間になりました。
朝食も美味しかったし。

以下の4冊がそれぞれが紹介した本です。

詳細は、次の記事で。






posted by サメオ at 12:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。